カテゴリー:リリィ・ファンタジア

記事一覧

第1話 リリィ王女、お母様に相談する。

ライトノベル - リリィ・ファンタジア - 第1部 魔法世界アルカナ 魔法大戦篇

13歳であるリリィ王女は、星のアステル王国の第1王女であり、天才的な魔法使いであった。また剣術もそこそこできるぐらいの武術の心得はあったので、修行をしてヘリオス帝国に対抗しようと考えたのだが、流石に兵士の数が少なすぎる。

 

「さすがに私とミスティ皇女とお供の騎士団だけでは、ヘリオス帝国と戦うのは無理ね。お母様に相談してみようかしら。」

 

お母様というのは、アステル王国の女王であり、良心的で国民に愛される国の代表として人気があった。私の魔法や剣術もお母様から学んだ。お母様は、この世界では珍しい古代魔法や封印魔法を使えるすごい魔法の使い手なので、相談すればなにか良い方法が思いつくかもしれないと思ったからだ。

 

「お母様、これからヘリオス帝国と戦う準備をしたいのですが、私とミスティ皇女の近衛兵だけでは、兵が少ないので、なにか良い方法がないでしょうか。」

 

「リリィ、それなら異世界の人間界から強い戦士を召喚したらどうかしら。ヘリオス帝国は魔界から悪魔や魔物を召喚したでしょう。私達は人間界から正義感の強い戦士を育てたほうがよいと思いますわ。」

 

「お母様ありがとう。召喚魔法なら、私も使えるし、アリスも召喚魔法が使えると思うから、彼女にも手伝ってもらおうかしら。」

 

私の近衛騎士隊は、3人の優秀な少女だけの少ない騎士隊で、その中の1人で、アリスという天才魔道士がいる。12歳の少女だが、すべての属性の魔法が使え、攻撃魔法だけでなく回復や補助も得意な魔道士である。もちろん召喚魔法にも精通している。

 

(いまから私とアリスで、強い戦士を召喚してみようかしら。)

 

できれば私と同じぐらいの歳の少女がいい、異世界の人間界の親友も欲しいと思ったからだ。

 

私は、駆け足でいつもアリスのいる図書室に向かうのであった。

リリィ・ファンタジア

ライトノベル - リリィ・ファンタジア - 全体設定

リリィ・ファンタジアは6部編成予定の百合大作ライトノベルになっています。

 

魔法世界アルカナ、獣人界ベスティエ、電脳世界マキナ、妖精界ファーブラの4つの異世界で繰り広がる大きな戦いはやがて地球に住む人間界に影響を与え世界を巻き込む大戦になっていきます。

 

第1部 魔法世界アルカナ 魔法大戦篇

 

魔法世界アルカナは、ヘリオス帝国とセレーネ皇国とアステル王国の3つの大きな国でそれぞれの領地で平和な世界であったのですが、ヘリオス帝国の皇帝が、異界から悪魔や魔物を召喚して世界征服してセレーネ皇国とアステル王国に戦争を仕掛けたのであった。

 

ヘリオス帝国が召喚した悪魔や魔物によりセレーネ皇国は、ミスティ皇女を残して皇家は全滅してしまう。逃げ延びた少ない親衛隊といっしょにアステル王国に逃げ延び、アステル王国のリリィ王女は、ミスティ皇女と星月同盟を結んで、ヘリオス帝国を倒すべく修行に明け暮れていました。

 

そこでアステル王国は、昔女王が人間界に修行したことを思い出して、人間界にいる強い戦士を召喚してヘリオス帝国と対抗しようと考えました。

 

女王と神官たちが、人間界にいるつよい力を秘めた人間を召喚することで、世界の均衡をもとに戻そうとしましたが、召喚したのはまだ若い少女が数人いただけでした。そこで、リリィ王女とミスティ皇女は、召喚した少女たちを育て上げて、世界をいっしょに救うことにしました。

 

リリィ王女とミスティ皇女の2人と百合騎士隊と人間界の少女たちで魔法世界を救うために冒険が始まるのでした。

 

まとめ

 

この記事は小説が続くたびに更新されていきますので、今は第1部だけの情報ですが、最終的には第6部の最終まで記事内容がじょじょに増えていく予定ですので楽しみにしてください。